エアコン専用コンセントが必要な理由・形状や電圧・増設工事の費用

エアコンを設置する場合、エアコン専用のコンセントがなければ専用コンセントの増設工事を手配しましょう。また、専用コンセントがある方はコンセントの形状を確認し、そのコンセントを使えるエアコンを購入しましょう。

エアコン専用コンセントが必要なのは、普通のコンセントを使うとブレーカーが落ちてしまったり、火災につながったりすることがあるためです。また、専用コンセントがある場合でも、エアコンの電源プラグの形状によって使用できるコンセントの種類が異なるため、確認が必要なのです。

エアコンを設置しようとしている方は、この記事を参考に、エアコン専用コンセントを設置してエアコン設置に必要な環境を整えましょう。また、専用コンセントがある方は、コンセントの形状にあったエアコンを選びましょう。

エアコン専用コンセントはエアコンにあった形状であることが重要!

エアコンを新たに設置しようとするとき、必要となるのがエアコン専用コンセントです。エアコン専用コンセントは日常的に使うことがないため、普通のコンセントとどう違うのかわからない方もなかにはいらっしゃるかもしれません。ここでは、エアコン専用コンセントが必要な理由や、エアコン専用コンセントの形状について解説していきます。

そもそもエアコン専用コンセントが必要な理由

そもそもエアコン専用コンセントが必要な理由

エアコン専用コンセントが必要な理由は、エアコンの消費電力が大きいからです。テレビや照明器具などの一般的な家電は電気消費量が小さいため、複数箇所のコンセントで同じ配線を共有しています。

しかし、電気消費量が大きいエアコンは、ほかのコンセントと配線を共有してしまうとエアコンの電力がまかないきれず、ブレーカーが落ちてしまうことがあるのです。さらに、エアコン以外のコンセントに電気が過剰に流れて熱を持ち、発火してしまう危険性もあります。

このようなリスクがあるため、エアコンを設置する際にはエアコンだけの配線を使う、専用コンセントが必要なのです。

専用コンセントがない場合はエアコンにあった形状を選ぼう

エアコン専用コンセントは、室内機の設置場所の付近にあるのが一般的です。エアコン専用コンセントがみあたらない方は、増設工事をしましょう。エアコン専用コンセントの形状は、おもに4種類です。

エアコンの電源プラグとコンセントの形状があわないと、エアコンを設置できないので、コンセントを増設する際にはエアコンにあわせた形状を選んでください。

・パラレル型
縦棒が2本の、一般的なコンセントと同じ形状です。100V・15Aのエアコンに使用されます。

・アイエル型
右側が縦棒、左側が「ト」または「L」を左右反転させた形状です。100V・20Aのエアコンに使用されます。

・ダンデム型
横棒が2本の形状です。200V・15Aのエアコンに使用されます。

・エルバー型
横棒が2本の形状ですが、右側の横棒が下に90°折れ曲がった形状です。200V・15 Aのエアコンに使用されます。

専用コンセントがある場合は形状や位置の確認を

エアコン専用コンセントがある場合、さきほど『専用コンセントがない場合はエアコンにあった形状を選ぼう』でご紹介した形状の、どれにあてはまるか確認しましょう。

そして、専用コンセントと同じ形状の電源プラグが使用されているエアコンを選ぶようにしてください。すでにエアコンを購入した方で、電源プラグと専用コンセントの形状が違う場合には、コンセントの形状を変更する工事が必要です。

また、専用コンセントの形状以外にも、念のため、専用コンセントの位置も確認しておくとよいです。エアコンによっては、電源コードがコンセントに届かなかないことがあるかもしれません。

専用コンセントがちょうどよい場所にない場合には、専用コンセントの移設を電気工事業者に依頼するか、エアコン専用の延長コードを使用するというふたつの選択肢があります。しかし、延長コードの使用はエアコンのメーカーや設置業者によっては禁止していることもあるため、確認が必要です。

エアコン専用コンセントについてお悩みの方は……

ここまでで、エアコン専用コンセントの形状についてご紹介してきました。しかし、どの形状のコンセントを設置すればよいのかわからない方は、自分で判断せず、電気工事業者に相談してみましょう。業者に相談することで、エアコンやご自宅のブレーカー容量にあったコンセント工事がわかり、適切な作業を依頼できます。

エアコン専用コンセントの増設・形状交換などは業者へ依頼!

エアコン専用コンセントの増設、移設、形状や電圧の変更などの作業には電気工事士の資格が必要であるため、業者に作業を依頼する必要があります。ここでは、業者を利用する際に気になる費用や、業者の探しかたや選びかたについてふれていきます。

コンセントの増設や形状交換にかかる工事費用

コンセントの増設や形状交換にかかる工事費用

コンセント増設の工事費用は、15,000円から30,000円程度が相場です。コンセント移設工事では、距離が近ければ10,000円から12,000円程度が相場ですが、距離が遠いと費用が高くなり、30,000円程度かかることもあります。

形状変更については、業者によっては2,000円から3,000円程度ですむことがあります。しかし、作業の難易度が高い場合には5,000円から10,000円程度かかることもあります。

また、強力なエアコンを使うために専用コンセントの電圧を100Vから200Vに変更する場合は、5,000円程度かかると想定しておきましょう。しかし、分電盤の電圧を変更する必要がある場合などでは、工事費用はさらに高くなることもあります。

このように、コンセントの工事費用は作業内容や作業の難易度によって変わってきます。そのため、実際の費用を把握するには、業者に見積りをとってもらう必要があります。

工事を依頼する業者の探しかた

コンセントの工事を依頼できる業者は、エアコンの販売者に紹介してもらう以外にも、ポスティングのチラシ、新聞や雑誌の広告、インターネットで探せます。インターネット上で業者を探す際には、業者の自社ホームページだけでなく、弊社のように複数の加盟業者からお客様にあった業者を紹介するホームページもあります。

業者選びのポイント

業者の候補が複数あるときは、無料で現地見積りを提示してくれる業者を選ぶことをおすすめします。電気工事にかかる費用はご自宅の配線や分電盤の状況などによって異なります。そのため、簡単な工事であっても、現地の状況を確認し、正確な見積りを提示してもらえると、あとになって追加料金が発生する心配はありません。

また、見積りを提示してもらうときには、料金の内訳を確認するようにしてください。業者のなかには、料金についての説明をきちんとせず、お客様が「なんでこんなに高いの?」と疑問に感じてしまうこともあります。安心して作業を依頼できるよう、現地見積りの際には料金の内訳を確認しましょう。

弊社では、工事のご相談をいただいたら現地調査をして見積りを提示し、お客様にご納得いただいてから作業をうけたまわります。料金にご納得できない場合のキャンセル料金はかからないので、安心してご相談ください。

エアコン設置のために確認しておこう!コンセント以外のポイント

ここまでは、エアコン設置に必要となるエアコン専用コンセントについて解説してきました。しかし、エアコン設置にはコンセント以外にも重要なポイントがあります。そのなかで代表的な項目をあげていくので、エアコンを設置する前に確認しておきましょう。

ブレーカーの容量

ブレーカーの容量

ブレーカーの容量は、分電盤で確認します。分電盤の左側にあるアンペアブレーカーには、ご自宅のアンペア数が記載されています。一般的に、エアコンを設置するには30A以上必要です。30A以下の場合は工事が必要な場合があるので、電気工事業者に相談しましょう。

また、分電盤にエアコン専用の回路があるかも確認してください。エアコン専用の回路がない場合は、使用されていない回路があれば、電気工事によってエアコンが使えます。

配管穴の有無

エアコンを取り付ける際には、室内機と室外機をつなぐパイプを通すための配管穴が必要です。そのため、エアコンを取り付ける場所に配管穴があるかを確認してください。配管穴がない場合には工事が必要なので、エアコンの設置業者に伝えましょう。

室内機・室外機の設置場所

エアコンを設置できる場所には、いくつか条件があります。室内機については、室内機の上部と左右に5cm以上のスペースを設けなくてはなりません。

室外機については、安定した場所であることにくわえ、室外機の後方と左右に5cm以上、前方に25cm以上のスペースが必要です。このような設置条件が整っていない場合、エアコン設置業者に相談して設置場所を検討しましょう。

また、室内機を設置する場所は、コンセントとの位置関係も大切です。コンセントと室内機の距離が遠すぎたり近すぎたりする場合には、コンセントの移設工事が必要です。移設工事が必要なときは、弊社のように電気工事をうけおっている業者にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは