BSアンテナの寿命は約10年!不具合の原因を確認する方法を解説

BSアンテナの寿命は、使用環境にもよりますが、およそ10年といわれています。しかし、映像が映らないという理由だけで新しいアンテナを購入するのは避けましょう。なぜなら、映像が映らない要因が必ずBSアンテナとは限らないためです。こちらのコラムでは、アンテナの寿命を確認する方法や老朽化する原因などについて解説しています。

BS放送の映りが悪いという方は、参考にしてください。また弊社では、アンテナの設置や交換をおこなう専門の業者をご紹介しています。すぐにでも衛星放送を快適に楽しみたいということであれば、ぜひ弊社をご利用ください。

寿命を疑う前のチェックポイント

地デジ放送は快適に視聴できるのに、BS放送だけ映りが悪いと感じたことはありませんか?それは、もしかしたらBSアンテナの寿命かもしれません。ただし、テレビの映りが悪くなるのは、アンテナ以外にも原因があることも知っておくべきです。まずは、不具合の原因がどこにあるかを確認していきましょう。

(1)アンテナやテレビの不具合を確認

(1)アンテナやテレビの不具合を確認

不具合を確認するためには、いくつかの方法があります。アンテナ以外の原因を含めて、それぞれの確認方法を見ていきましょう。

〇エラーメッセージを確認する
テレビを視聴していて画面が急に暗くなり、エラーメッセージが出ることがあります。エラーメッセージとして表記される英数字は、エラーの種類を示しています。「E201」や「E202」が表示される場合は、アンテナの受信レベルが低くなっている状態を意味しています。

ほかにもチャンネル自体が休止しているか電波受信に不具合が生じている場合には、「E203]が表示されます。くわしくは、アンテナなどの取扱説明書をご覧ください。

エラーメッセージが出る場合は、テレビを再起動することで解消されることもあります。プラグを抜いてしばらく時間をおいてから、もう一度コンセントに差し込んで電源を入れてみてください。それでも解決しない場合は、ほかの方法も試してみましょう。

〇複数のチャンネルや違うテレビでも試してみる
不具合の原因は、アンテナではなくテレビの可能性もあります。まずは、複数のチャンネルで映らない状態かどうか確かめてみてください。もし、BS放送だけでなく地デジ放送も映らないのであれば、テレビが原因かもしれません。

また、ほかのテレビに接続して試してみるのも方法のひとつです。ほかのテレビで問題なく視聴することができれば、もともと接続していたテレビが原因の可能性が高くなります。

さらにBS放送は、アンテナが受信した電波はブースターや分配器、ケーブルなどさまざま機器を通して映像化されます。このため、テレビやアンテナ以外の機器が原因になっているかもしれません。それぞれの機器を接続している配線周りも、しっかり接続されているか再度確認することも大切です。

〇屋外のBSアンテナが傾いていないか確認する
アンテナが電波を受信するには、最適な方角や角度があります。とくに屋外に設置するアンテナは、強風や固定部品の腐食などで傾いてしまうことがあります。電波の受信設定は、スマートフォンのアプリなどでも調べることが可能です。自分で方角などを確認して、BSアンテナの傾きを修正してみるのもよいでしょう。

(2)周辺環境に変化がないか確認

テレビが映らないのは、周辺の環境が原因となるケースもあります。たとえば、天気も要因のひとつです。台風のような風の強い環境では、安定した電波を受信できないことがあります。

また電波を受信する環境は弱電界・中電界・強電界に分けられており、アンテナにもエリアに適したそれぞれの機種があります。電界の強弱は、電波の送信元からの距離ではなく、環境によって異なるものなのです。

自宅自体が電波を遮断しやすい鉄筋や鉄骨などの構造であることや、近くに山や高層ビルがあるなども影響してくるのです。このため、近隣に大きな建物が建った場合も、電波の受信に影響を及ぼすことがあります。これまで問題なく視聴できていたBS放送の映りが、急に悪くなるという現象が起きるのです。

このように不具合の原因には、さまざまなケースがあることがおかりいただけたのではないでしょうか。もし不具合の原因がわからない場合は、知識がないまま自分で機器を購入するよりも、まずは専門の業者に相談をして、現地調査などで原因を突き止めてもらうことをおすすめします。

BSアンテナの寿命は環境によって異なる

BSアンテナは経年によって劣化していくもので、一般的な寿命はおよそ10年といわれています。しかし、設置する環境によっては、短い期間であっても映像が映りづらくなることがあります。とくにBSアンテナは屋根の上やベランダなど屋外のため、紫外線や風雨などにさらされることもあり、室内アンテナに比べて寿命は短くなりがちです。

さらに海が近くにある場合には、潮風により金属などの老朽化を早めることもあります。固定部品にさびつきやグラつきがあり、アンテナ本体の塗装がはがれているようなら寿命かもしれません。

ここまで挙げたようにBS放送が見られなくなるのには、いくつかの原因があります。しかし、見た目に変化がなかったりアンテナが高所にあり確認できなかったりする場合には、BSアンテナが寿命かどうかを自分では判断しにくいこともあるでしょう。この場合、自分であやまった判断をしてしまうよりも、業者に点検を依頼したほうが確実な方法といえます。

BSアンテナが寿命であれば交換を依頼しよう

BSアンテナが寿命であれば交換を依頼しよう

BSアンテナが寿命の場合は、新しいものに交換が必要です。ただし、BSアンテナは地域によって受信環境が異なるため、適した機種を選ばなくてはいけません。

また4Kや8Kの衛星放送も実用化されましたが、一部の4K放送を除いて専用アンテナがなければ視聴することはできません。もし現在のアンテナが寿命なら、こうした高画質の放送を楽しめる新しいアンテナに買い替えることも検討してみてはいかがでしょうか。

しかしBSアンテナは種類が多く、どれを選んだらいいかわからないことがあるでしょう。専門知識がないまま自分でアンテナを購入しても、環境に合っていない場合は、再度買い直さなくてはいけなくなり無駄になってしまいます。アンテナの購入で失敗しないためにも、BSアンテナの交換や設置は、専門の業者に依頼することをおすすめします。

BSアンテナを単体で設置する費用の相場は、約1万5千~4万円前後です。金額に幅があるのは、屋根の上やベランダなど設置する場所で費用が変動することがあるためです。また地デジとBS放送の両方を視聴したい場合は、約5万円前後の費用がかかります。

さらに4Kや8Kに対応したアンテナの場合は、アンテナ代が高くなることとテレビや周辺機器も対応している必要があるということも覚えておきましょう。ただし、アンテナの交換や設置する費用は業者などによって異なるため、見積りを出してもらい複数の業者を比較することをおすすめします。

もしBSアンテナについてお悩みであれば、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では、BSアンテナの取り付けなどをおこなう専門の業者をご紹介しています。専門の業者に任せれば、受信環境を把握して数多い機種の中から、最適なBSアンテナを提案してくれることでしょう。

何より手間や時間の負担を軽減できるメリットがあり、確実な方法でアンテナの設置をおこなってくれます。24時間365日受付に対応しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは