CS/BSを見るには対応アンテナやテレビが必要!設置費用も紹介!

BSを見るには、専用のアンテナや、BSに対応したテレビなどの設備を整えることが必要です。それぞれの機器には種類が多く、知識がないまま間違った選びかたをすれば、BS放送を見ることができないおそれがあります。

この記事では、BS放送を視聴するために必要な機器や、アンテナ設置の注意点などについて解説していきます。「BS放送の視聴方法を知りたい」と思っている方は、ぜひご覧ください。

BS放送を使用するために専用機器が必要

BSを見るには、BSに対応している「アンテナ」「テレビ」「アンテナケーブル」の3つが必要です。これらのBSを見るために必要なものについて、ひとつずつ解説していきます。

必要な機器(1) BS対応アンテナ

地域別・正しいBSアンテナの仰角・方位角一覧

BS放送の電波を受信するには、BS放送専用のアンテナが必要です。地デジ用のアンテナだけではBSを受信することができないので、別にアンテナを立てる必要があります。また、BSアンテナが古い場合は性能を満たしておらず、対応できないおそれがあるため注意しましょう。

必要な機器(2) BS対応テレビ

近年はテレビにチューナーが内蔵されている機種が多く販売されています。「BSチューナー内蔵」のテレビでしたら、BSアンテナを立てれば、視聴可能ですが、チューナーが内蔵されていないテレビは、別途BSデジタルチューナーを購入する必要があります。

チューナーが内蔵されているかは、テレビのリモコンにBSのボタンがあるかどうかで確認できるほか、テレビ本体にBSデジタルのマークがあるかチェックしてみてください。

またBS放送には標準画質とハイビジョン画質の放送があります。高画質で視聴したいという方はハイビジョン画質に対応したテレビが必要です。

必要な機器(3) アンテナケーブル

BSを見るには、専用のアンテナケーブルも必要になってきます。アンテナとテレビをつなげる役割を担うのがアンテナケーブルです。アンテナケーブルでもBS対応していないものもありますので、しっかり確認してから購入するようにしましょう。

アンテナ端子のチェックも必要

もし壁などにあるアンテナ端子がひとつの場合は、BS放送と地上デジタル放送の信号を分けるために分波器が必要になります。分波器とは、地デジの信号とBSの信号をふたつに分けるものです。壁についているアンテナ端子がもともとふたつに分かれている場合は、分波器は必要ありません。

BSアンテナの設置ができる場所

BSを見るにはテレビアンテナの設置をする必要があるとご紹介してきましたが、テレビアンテナは、電波が受信しやすい位置や角度を選んで設置しないときれいにテレビが映りません。アンテナをうまく自分で設置できれば、BSを見るための準備費用を抑えることができます。

・マンションなどの場合
ベランダにアンテナを設置することでBSの視聴が可能になります。ただし、屋外にアンテナを設置することになるので、正しく設置をおこなわないと強風などで傾き、うまく受信できなくなってしまうかもしれません。また、しっかり設置していないと、固定していたはずのアンテナが外れてしまい、通行人にけがをさせてしまうおそれがあります。

・一軒家の場合
マンションと同じくベランダに設置することもありますが。一般的な設置場所は屋根です。
ただし、屋根への設置は高所での作業になるため、危険がともないます。アンテナを屋根へ設置することが必要な場合、慣れていない人は業者に依頼するほうがよいでしょう。

アンテナの適切な設置位置を調べることができる便利なスマートフォンアプリもあるので、「自分でBSアンテナをたててみよう」とお考えの方は活用してみてはいかがでしょうか。しかし、ご自宅の周辺の環境によってはBS放送が視聴できないことがありますので、注意が必要です。

環境によって電波の強弱は異なる

環境によって電波の強弱は異なる

お住まいの環境の電波の強さによって、アンテナの種類を選ぶと、きれいにテレビを見ることができます。電波を受信しづらい受信環境の場合は、電波を受信しやすい機種のアンテナを選ぶ必要があるので、自宅の電波の受信状態を知っておくとよいでしょう。

電波の強さは立地環境や、建物の構造(木造か鉄骨かなど)によって変わってきます。近くに大きなビルや高い山があることによって影響する場合もあります。

専門的な知識がないまま、アンテナを購入してしまうと、BSがうまく映らないおそれがあります。BSアンテナの設置は専門の知識がある業者に依頼すると安心です。

BSアンテナの取り付けにかかる費用目安

アンテナの設置は、屋根などの高所での危険な作業がともなうため、業者に依頼することをおすすめします。専門知識を持ち合わせている業者に依頼することで、確実にきれいにBSを映るようにしてもらえるでしょう。

業者にBSアンテナの設置を依頼する費用相場は、約5万円~です。分波器やブースターの設置が必要な場合は加算されます。また、アンテナの本体の価格も種類によって大きく異なりますので、正確な料金を知りたいという方は、ご自宅の環境に合わせた工事の見積もりをとってもらうことをおすすめします。

BSを見るには、BSアンテナを設置する以外にも方法があります。次章で詳しくお伝えしていきます。

専用アンテナがなくてもBS放送を視聴できる場合もある

BSを見る方法は、専用のアンテナを設置することだけではありません。アンテナ立てても電波をうまく拾えない環境にお住まいの方や、お住まいの住宅に長く住む予定がない方は、BSを受信するのに、ほかの方法があったら嬉しいですよね。この章ではアンテナの設置をする以外にBSを視聴する方法をお伝えしていきます。

【1】ケーブルテレビに加入する

【1】ケーブルテレビに加入する

ケーブルテレビに加入することでアンテナ工事をしなくてもBSを見ることができます。ケーブルテレビではBS放送や地上デジタル放送だけでなく、スポーツや音楽などの専門チャンネルも数多く楽しめます。

ケーブルテレビはケーブルを介して電波を受信するので、アンテナでテレビを受信するときとちがい、天候による影響を受けません。そのため、ケーブルテレビでは安定してBSを見ることが可能です。

ただし、ケーブルテレビを見るには月額料金がかかるので注意しましょう。また、ケーブルテレビを視聴するために、別途工事が必要だったり、専用の機器を購入しなければいけなかったりするので、初期費用がかかることも覚えておきましょう。

ケーブルテレビの加入は、専用のチャンネルを見たい方や、アンテナの受信状況が良くない方にとっておすすめの方法です。

【2】マンションの共同アンテナを使用する

マンションの場合 共同アンテナがあるかどうか管理者に確認してみましょう。BSのアンテナが対応していたら、自分でアンテナを設置しなくてもBSを見ることができます。ただし、共同アンテナがBSデジタルに対応していないものの場合は視聴することができません。

そういった場合には、ベランダなどにアンテナを設置して、BS放送の電波を受信する方法もあります。しかしマンションによっては、ベランダにアンテナを設置することが禁止されている場合があるので、必ず管理人さんや大家さんに確認しましょう。

まとめ

BSを見るには、専用のアンテナや対応テレビ、専用のケーブルが必要になります。マンションの共同アンテナを使用したり、ケーブルテレビに加入したりすれば、アンテナがなくてもBS放送を視聴できる場合もあります。

もしBSを見るためにアンテナを設置したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社をご利用ください。アンテナの設置業者をお探しの方に適した業者を紹介させていただきます。専門の業者であれば、電波の調査をおこなって環境に適した機器の提案をしてくれるはずです。まずは、お気軽に弊社へご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは