引越しの際エアコンは移設工事が必要?取り外し・取り付け費用と業者

新居へ引越しの際、エアコンは「持っていく」か「置いていく」のどちらかになるでしょう。新居へエアコンを持っていく際には、取り外しと設置は業者へ依頼してください。

なぜなら、エアコンの取り外しと取り付け作業は自力では難しいからです。自分で作業をしてしまうと、エアコンがしっかり設置できず故障や壁からズレ落ちてしまう可能性があります。

新居でも安心してエアコンが使用できるよう、エアコンの取り外し・取り付けはプロに依頼しましょう。この記事では、エアコンを新居へ移動させる方法以外に、前の住居へ置いていく方法や買い替えについてもご紹介いたします。

引越しのときエアコンはどうする?ふたつの方法と注意点

引越しのとき、エアコンを持っていくか置いていくかのふたつで迷ってしまう方も多いでしょう。ここでは、「持っていく」ときと「置いていく」ときの利点と注意点についてご紹介します。

エアコンを「持っていく」ときの利点と注意点

エアコンを「持っていく」ときの利点と注意点

引越しの際、エアコンを新居へ持っていくとき利点と注意点を知っておくと、引越し準備で慌てなくてすみます。では、利点と注意点を見ていきましょう。

【利点】
・買い替える必要がない
・持っていくことで、処分費用がかからない

【注意点】
・エアコンの取り外し、取り付け作業は業者へ依頼する必要がある
・取り付けの際に、追加料金がかかることがある
・引越し業者によっては請け負ってくれないこともある

エアコンを持っていくのは利点が多いと思われますが、取り付け・取り外しなどは業者に依頼する必要があります。そのとき、配管の長さが足りない・持ってきたエアコンと新居の電圧が違ったりすると、新しく部品を購入したりする必要があります。このように想定外なことで費用がかかってしまうことがあるので、注意しましょう。

エアコンを「置いていく」ときの利点・注意点や確認事項

つぎに「置いていく」ときの利点と注意点です。置いていくときには、このような利点・注意点があります。

【利点】
・エアコンの取り外しをする必要がない
・引越しのとき荷物が少なくなる

【注意点】
・管理会社、または大家さんに置いていけるかを確認しないといけない
・置いていけない場合は、処分する必要がある

賃貸であった場合、注意点にあるように管理会社や大家さんに確認が必要になります。もし、置いていけないとなったときは自分で処分するか持っていくしかないので、引越す前に必ず確認しましょう。

エアコンの引越しには追加料金がかかる!エアコンの導入費用

エアコンを持っていく際には取り外しと取り付けに、置いていく際にはエアコンの購入費と取り付けそれぞれ費用がかかります。

この章では、どちらのほうがお得になるのかを費用面から確認していきます。ぜひ参考にしてみてください。

エアコンを「持っていく」際にかかる費用と依頼方法

エアコンを「持っていく」際にかかる費用と依頼方法

引越しのときエアコンを持っていく場合には、取り外しと取り付けに費用がかかってきます。このふたつにどのくらい費用がかかるかは、以下のとおりになります。

  • 取り外し料金……およそ5,000円~
  • 取り付け料金……およそ7,000円~
  • 合計……およそ12,000円~

取り外し・取り付けのほかに、取り付ける際に壁に穴をあける・配管に化粧カバーをつけるなどの追加料金がかかります。詳しく知りたいときは、見積りをとりましょう。エアコンの大きさや、取り付け先に合わせた施工料金を提示してくれます。

引越し業者に専門技術者が所属していれば、これらの作業は引越し業者がおこなってくれます。しかしほとんどは引越し業者が提携している工事業者が作業をします。

取り外し・取り付け作業を引越し業者に依頼できなかったとき

引越し業者に依頼できなかったときは、エアコン工事専門業者に依頼しましょう。専門業者に依頼することで、故障するリスクを避けることができます。

しかし、専門業者は引越し業者と違い運搬がサービス外となっているため、自分でエアコンを運ぶ必要があります。その際、エアコンが故障しないように注意して運ばなくてはいけません。

もし自分で運ぶのが不安であれば、取り外しと取り付けを専門業者に、運搬を運送業者にと別々に依頼することも検討しましょう。

弊社では、引越しの際のエアコンの取り外し・取り付けなどで「どこにお願いすればいいかわからない」とお困りになられた方でも安心してご連絡できるように、24時間365日電話受付をしております。

また、全国にある弊社加盟店からお客様のご要望にあった業者をご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。

エアコンを「置いていく」際にかかる費用相場

エアコンを置いていく場合、新たに購入するエアコン本体と取り付けに費用がかかります。エアコン本体の代金と取り付け費用は、以下のとおりです。

  • エアコン本体……およそ34,000円~
  • 取り付け費用……およそ10,000円~15,000円
  • 合計……およそ54,000円~

エアコンを買い替えると、新品のためエアコン本体の価格で高くなり、持っていく場合にかかる費用より高くなります。

古い・新居にあわないエアコンは買い替えがおすすめ!目安と処分方法

購入したエアコンによっては、「置いていく」より「持っていく場合」のほうが費用面でお得となります。しかし、エアコンが新居に合わない・古い機種である場合は、新しく買い替えるほうがお得になることもあるのです。

では、どのようなエアコンが合わないのでしょうか。エアコンの買い替え目安や買いどき、処分方法を含めてご紹介いたします。

合わないエアコンとは?処分方法

合わないエアコンとは?処分方法

前の住居からエアコンを持ってきても、新居にあわないとさまざまな問題が発生します。とくに、部屋の広さにあっていないエアコンでは、以下のような問題が発生するおそれがあります。

【部屋の広さより小さい場合】
・冷暖房の効きが悪い
・常にフルパワーで稼働しなくてはならない
・電気代があがる

【部屋の広さより大きい場合】
・冷房が効きすぎるとクーラー病(冷房病)になる
・暖房が効きすぎると頭痛や吐き気などの体調不良をおこす
・使わなくてもいい電気を使ってしまい、電気代があがる

エアコンのサイズが大きくても小さくても、このような問題が発生してしまうので注意しなくてはいけません。そうならないためにも、新居でエアコンがあわないときは買い替えをおすすめします。

その際に、いらなくなったエアコンを処分方法する必要があるでしょう。エアコンの処分方法として、家電量販店に依頼する・不用品回収業者に依頼するなどのほか、買い取りサービスを利用する・知人にあげるといった方法もあります。

またお住まいの自治体によっては引き取りのサービスがある場合もあります。市のホームページなどで、一度確認するとよいでしょう。

おすすめ!エアコンの買いどきについて

エアコンの買い替えは、エアコンから変な音がしたときや、出てくる風の臭いが気になるなど異常が出てきたときです。また、エアコンを購入した際に記載されている「最低保有期間」や「保証期間」なども確認することも大切です。

もし期限が過ぎてしまったら、最低保有期間は故障しても修理ができなくなり、保証期間は故障したときに修理費用のほうが高くなることがあるからです。

上記であげたエアコンの症状から、エアコンの買い替えを検討することでしょう。エアコンの買いどきとされるのは、各家電量販店の決算シーズンです。決算シーズンは年に2回あり、ほとんどの家電量販店では3月・9月になります。

しかし一部のメーカーは2月・8月になるので、テレビCMや新聞をとっている方であれば広告などで情報を得るのもひとつの手です。

この時期を目安に、エアコンを新しくするとよいでしょう。また決算シーズン以外にも、年末年始やボーナスの時期、新商品が発売される1か月前などもエアコンが安く購入することができます。新商品が発売されるのは大体10月ごろなので、9月ごろがよいでしょう。

購入できても設置するのに時間がかかることも……

エアコンを購入できたとしても、夏や冬の時期の場合ですと設置するのに設置工事の順番待ちで時間がかかる可能性があります。とくに大型家電量販店では、購入後のエアコンの設置もお願いする方が多いため、設置までに期間が空くことを想定しておきましょう。

またネットで購入した場合は、別の業者に設置を依頼しなければいけません。そのようなときは、弊社に一度ご連絡ください。もちろん、「まだエアコンの設置を頼もうか迷っている」という方でも大丈夫です。ご相談していただければ受付スタッフが丁寧に対応いたします。

まずはお気軽にお電話していただき、業者への依頼をお決めになられた際には、全国の加盟店からお近くの業者をご紹介させていただきます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは