VHFとUHFの違いとは?使わないアンテナは撤去するのがおすすめ

自宅に使用していないVHFアンテナが残っている場合は早めに撤去するのがおすすめです。不要なアンテナを放置すると、ほかのアンテナとぶつかって必要な電波が受信できなくなったり、風などにあおられて落下し屋根を傷つけたりするおそれがあります。

本コラムでは、UHVアンテナとVHFアンテナの役割の違いと不要なアンテナが残っていた場合のリスクをご紹介します。不要なアンテナは早めに撤去してトラブルを回避しましょう。

また、アンテナの撤去をおこなう場合は業者に依頼が必要です。業者選びのポイントについても解説していますので、参考にしてください。

VHFとUHFの違いは周波数

VHFとUHFの違いは周波数

VHFやUHFというのは周波数の違う電波の呼称です。VHFは30~300MHzの周波数、UHFは300~3,000MHzの周波数をあらわします。どちらも小さな山や建物の陰に回り込むことができる柔軟な動きが可能な電波です。

そして、遠くまで多くの情報を伝えられるという特徴を活かしてVHFはアナログ放送やラジオなどの通信に使われてきました。対して、UHFは電波を届けられる距離はVHFより短くなりますが、小型アンテナと送受信設備を使って多くの情報を通信することができるため、携帯電話や無線機に使われています。

また、UHFはVHFに比べてチャンネル数が多く雑音に強いため、電波信号が混ざりにくいという特徴もあるのです。その特徴を活かして地上デジタル放送の電波としても使われているため、私たちの日常に深く関わっています。

テレビ視聴にVHFアンテナは不要!早めの撤去を

前章でご紹介したように、VHFはアナログ放送に使われていました。そのため、以前はテレビ視聴のためにVHFアンテナが取り付けてある必要があったのです。

しかし、現在テレビ放送は地上デジタル放送に完全移行したため、UHFアンテナがあればテレビを見ることができます。VHFで視聴できるテレビはないので、VHFアンテナを残しておく必要もありません。

ここでは、不要なVHFアンテナを残しておくリスクとVHFアンテナを残してもよいケースについて解説します。以下を参考にして、自宅に残っているアンテナをどうするか考えてみましょう。

不要なアンテナを残すリスク

不要なアンテナを残すリスク

VHFアンテナが屋根に残っていると、強風などの影響でUHFアンテナなどにぶつかるおそれがあります。軽く触れる程度であれば支障はないかもしれませんが、アンテナの向きや角度が変わると上手く電波を受信することができなくなるのです。

また、長期間放置しておけばいずれアンテナ本体や支柱は劣化します。そのため、アンテナや支柱が壊れて落下する危険性があるのです。壊れたアンテナが屋根や外壁を傷つけたり、アンテナが落下して人にケガをさせたりすることがないように、不要なアンテナは早めに撤去しておきましょう。

FMラジオを聴く場合は残してもよいかも

テレビ視聴にVHFアンテナは不要ですが、FMラジオの電波を受信することはできます。そのため、日常的にFMラジオを聴く習慣のある方はVHFアンテナを残しておいてもよいかもしれません。

ただし、インターネットが使える環境であれば、VHFアンテナがなくてもインターネットの回線を利用してラジオを聴くことは可能です。この場合はラジオを聴く習慣がある方でもVHFアンテナは不要ということになるので、前述したリスクを回避するためにも早めの撤去を検討しましょう。

アンテナ撤去はプロに依頼しよう

「アンテナをひとつ撤去するくらいなら自分でやりたい」と思う方がいるかもしれませんが、アンテナの撤去は数に関係なくプロに任せることをおすすめします。

アンテナが設置されているのは、多くの場合屋根の上です。屋根の上に取り付けていなくても、電波を受信しやすい高所に設置されていることが多いでしょう。足場の悪い高所に上るにも、重いアンテナを持って高所から降りるにも作業中に落下するおそれがあり危険です。

また、取り外す作業の途中でアンテナが倒れたり、金具が壊れたりすることも考えられます。ケガをするおそれがあることはもちろん、適切に取り外しができないと屋根を傷つけてしまう危険性もあるので注意が必要です。

上記のような危険を避けるためにも、不要なアンテナの撤去はプロに依頼しましょう。弊社では、アンテナ撤去を希望する方に適した業者のご紹介をおこなっています。お電話にて簡単に希望する工事内容などを伝えていただくだけでよいので、業者探しが面倒という方はぜひご利用ください。

業者選びの3つのポイント

アンテナ撤去を業者に依頼する場合、確認しておきたいポイントが3つあります。それは、費用・信頼性・評判です。

費用面では、見積りで提示された料金が妥当であるかどうかや納得のいく料金で施工がおこなえるかなどを確認しておきましょう。

信頼性というのは、自分が依頼したいと思うかどうかということです。作業内容や見積りに関する説明に不足がないか、見積りや作業を依頼した際に丁寧な対応をしてくれるかなどを参考に、印象がよいと思う業者に施工を依頼しましょう。

また、評判は口コミなどを見ることでわかります。口コミは実際に業者を利用した方が意見を書き込む場です。業者の対応や施工結果などを知ることができるでしょう。ただし、主観的な意見が多いので、口コミをうのみにするのではなく参考程度にしておくことをおすすめします。

アンテナ撤去の費用相場

アンテナ撤去の費用相場

見積り金額の妥当性を知るためには相場を知っておくことが重要です。アンテナの撤去費用は、1万円~2万円が相場とされています。ただし、詳しい料金は業者によって異なります。初回割引などをおこなっている業者もあるので、見積りをとって依頼先を検討してみましょう。

また、アンテナの撤去に加えて出張費やアンテナの処分費がかかる場合もあるため、サインする前に追加料金が発生しないかどうかよく確認しておくようにしましょう。

業者選びにはぜひ弊社の利用を

ここまで、業者選びのポイントやアンテナ撤去の費用相場について解説しました。しかし、アンテナ撤去をおこなう業者は全国に数多く存在します。仕事が忙しい方など、個人で複数の業者を調べて見積りを依頼するのは難しいという場合もあるでしょう。

そのような場合は、弊社に一度ご相談ください。弊社では、アンテナ撤去をおこなう業者をご紹介するだけでなく、ひとまず見積りをとりたいという依頼にも対応しています。

また、電話での相談受付は24時間365日おこなっていますので、忙しい方でもお気軽にご利用いただけるでしょう。少しでも効率よく業者探しをおこないたいという方は、ぜひご連絡ください。

なお、本コラムの掲載料金は消費税を含んでおりません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 3.00 )
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは