キッチンの換気扇・レンジフードの種類と特徴|掃除のコツもご紹介

キッチンに設置されている換気扇やレンジフードは、使用していくにつれて家電と同じように消耗していきます。いずれは不具合が生じて故障してしまうでしょう。そのため、新しい換気扇への交換を検討するのであれば、さまざまな商品を見ることをおすすめします。

なぜなら、キッチンの換気扇やレンジフードは多種多様で、商品によって機能や価格が異なるからです。このコラムでは新しい換気扇、レンジフードに交換する際に役立つ情報をお届けします。交換にかかる費用も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

キッチンの換気扇・レンジフードの種類と特徴

換気扇やレンジフードには、さまざまな種類が存在します。新しいものへの交換を検討しているのであれば、まずはどのような種類があるのかを確認しましょう。なぜなら種類を把握することは、自宅の環境に最も適した機能をもつ設備を見つけるための手助けとなるからです。

換気扇の種類【プロペラ型・シロッコ型・ターボ型】

換気扇の種類【プロペラ型・シロッコ型・ターボ型】

排気の役割を担うキッチンの換気扇には、3つの種類が存在します。それはプロペラ型・シロッコ型・ターボ型です。それぞれ特徴があるので、以下の説明を参考にしてみてください。

プロペラ型
プロペラ型は、扇風機と同様の構造をもつファンのことです。扇風機が正面に風を送る構造になっているのに対して、プロペラ型は外に向かって風を送るように設置されています。排気する能力が高く、比較的安価なのが特徴です。その反面、屋外で強い風が吹いていると排気能力が低下してしまうというデメリットもあります。

シロッコ型
プロペラ型とは形状が大きく異なり、円筒のような形状のファンで空気を排出します。円筒の外周は薄い板を等間隔に並べることによって形成されていて、水車のような形をしています。この円筒が回転することによって、排気をする機能がはたらくのです。プロペラ型より排気能力は劣りますが、屋外の環境に左右されないという強みがあります。

ターボ型
ターボ型はシロッコ型に似た形状をしていますが、シロッコ型よりも薄くて羽の数が少ないファンであることが特徴です。また、シロッコ型と比べて排気能力が高いというメリットがありますが、駆動音が大きいと感じる方もいるようです。

レンジフードの種類【ブーツ型・スリム型・フラット型】

レンジフードは、換気扇の機能だけではまかなえない煙の取り込みや、油の除去をおこなうことができます。換気扇と同じように3つの種類があるので、自宅に合うものを選んでみましょう。

ブーツ型
ブーツ型は、煙の取り込み口が広く立体的な構造をしたレンジフードです。一般的に普及している種類であるため、スタンダード型とも呼ばれています。ただ、立体的な構造が故に掃除がしづらいという不便な点があります。

スリム型
スリム型は、その名のとおりすっきりした構造をしています。ほとんど内部の構造がないため、掃除が簡単でインテリアとしても優秀です。機能よりも部屋の雰囲気との兼ね合いを重視したいという方にはよいのではないでしょうか。

フラット型
フラット型は、上下にスペースを取らない構造になっています。とても薄型に設計されているため、キッチンに圧迫感を出したくないという方におすすめの種類です。ただし、内部構造が複雑なので、スリム型と比べて掃除が大変だといえるでしょう。

最新レンジフードは便利機能をたくさん搭載!

最新のレンジフードは本来の機能が優秀なだけでなく、使用者が管理しやすくなるような便利な機能を搭載したものがたくさんあります。例としては、コンロの点火と同時にレンジフードが作動する「連動換気機能」や、フィルターの掃除が不要になる「ノンフィルター」などが挙げられるでしょう。

このような便利機能は、レンジフードの種類ではなくメーカーや商品によって異なります。そのため、気になる機能があったらその機能をもつレンジフードに絞って探してみるのもよいかもしれませんね。レンジフードの交換は大掛かりな作業になるため、業者に依頼することをおすすめします。

優良業者を探す際には、ぜひ弊社をご利用ください。換気扇用のコンセントの追加やレンジフードの設置といった作業をおこなうことのできる業者をご紹介します。日本全国無料で電話相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

換気扇・レンジフード交換工事の注意点・費用相場

キッチンの換気扇・レンジフードの種類や特徴については、前の章で紹介したとおりです。ご自宅の環境に合ったものを見つけたら、取り付けの作業を業者に依頼しましょう。ただし、依頼を出す際にはいくつか注意事項があるのです。そのため、ここでは工事にかかる費用相場の紹介と共に、注意事項についても紹介していきます。

レンジフード交換工事の費用相場

レンジフード交換工事の費用相場

レンジフードの基本的な交換費用は、約3万5,000円~4万5,000円前後です。ただし、この工事費用は、レンジフードを交換することのみとなります。つまり、プロペラ型の換気扇からシロッコ型やターボ型に変更するようなケースでは、別途費用がかかることがあるということです。

換気扇の型を変更する場合は空気の通り道であるダクトの確保や取り付け口の工事などが必要になるため、一律で費用を提示することができません。工事現場の状況によってかかる費用の総額は変わるので、詳細な料金を知りたい方は業者に連絡して見積りをとることをおすすめします。

工事費用の内訳

業者に工事を依頼した際の費用には、さまざまなものが含まれています。業者によって費用の細かな内訳や割合は異なりますが、おおよその業者が提示する費用の内訳を確認しておきましょう。

  • 換気扇やレンジフードの本体代金
  • 既存の設備の撤去費用
  • 取り付け作業費用
  • 電気工事費用
  • 交通費や出張費などの諸経費

こうした工事費用の内訳は、実際に見積りを確認しないと詳細を把握することができません。そのため、見積りによって工事費用の総額を確認するまでは、ひとつの業者を信頼しすぎないようにしましょう。

弊社のサービスをご利用くだされば、電気工事士の資格をもったプロが現地調査をおこない、無料で見積りを提示させていただきます。見積りを確認して工事を依頼するかどうか決めることができるので、安心して工事を任せることができるでしょう。

こまめな掃除で換気扇・レンジフードを長持ちさせよう

キッチンの換気扇やレンジフードは、定期的に掃除をおこなうことをおすすめします。なぜなら、換気扇やレンジフードが不具合を起こす要因のひとつに「汚れの付着」があるからです。以下で挙げる道具で掃除をおこない、清潔で機能的なキッチンを保ちましょう。

  • ゴム手袋:手を保護するため
  • 重曹水の入ったスプレー:しつこい汚れを落とすため
  • スポンジ:内部構造の汚れを落とすため
  • 新聞紙:コンロを保護するため
  • ぞうきん:表面の汚れを落とすため

チャレンジ!掃除の手順

チャレンジ!掃除の手順

キッチンの換気扇やレンジフードの構造は、種類によって異なります。そのため、分解方法は取扱説明書やメーカーの公式ホームページなどをご覧ください。一般的な掃除の手順は以下のとおりです。

  1. レンジフードの電源を落とす
  2. コンロに新聞紙を被せる
  3. 換気扇・レンジフードを分解する
  4. 分解した部品をお風呂場などの汚れてもよい場所に移動させる
  5. お湯や重曹スプレーとスポンジで部品を掃除する
  6. レンジフードの内部・表面を掃除する
  7. 全ての部品を再度組み立てる

汚れがひどいときはプロの力を借りてみよう

「汚れがこびりついていて除去できない」という場合は、レンジフードや換気扇の清掃ができるプロの力を借りてください。どんなタイプの換気扇やレンジフードでも、約7,000円~1万3,000円前後の費用でキレイに清掃してくれるでしょう。

ただし、頻繁にプロへ依頼すると費用がかさんでしまうので、汚れがこびりついてしまう前に定期的に掃除をすることをおすすめします。

換気扇・レンジフードのトラブルは電気のプロにお任せ!

換気扇やレンジフードのトラブルが発生したら、電気のプロにお任せください。なぜなら、そのトラブルには電気工事士の資格がないと対応できないケースがあるからです。

弊社では、キッチンの換気扇やレンジフードの修理や交換だけでなく、さまざまな電気トラブルに対応できる業者を紹介することができます。「換気扇を交換しようか迷っている……」という方でも、まずはお気軽にご連絡をお待ちしております。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは