BS/CSのテレビ放送の違いとは?アンテナの設置についてもご紹介

BSやCSの視聴を検討している方は、自分が見たい番組を放送しているかどうかをよく確認したうえで検討しましょう。視聴するには初期費用はもちろん、チャンネルによっては有料放送となるからです。

この記事ではBS放送とCS放送の違いや仕組みについてご紹介するとともに、視聴方法についても解説していくので、参考にしてみてください。

BSとCSは衛星放送

テレビの放送でもっとも一般的なのは地上波放送です。この地上波放送は、地上に建てられた基地局から電波を発信しているため、地上波放送と呼ばれています。一方、BS放送とCS放送は人工衛星を用いて電波を発信しています。そのため、衛星放送と呼ばれているのです。

衛星放送の仕組みは、まずアップリンクといって地上から人工衛星に向けて電波を送ります。そしてダウンリンクといって、人口衛星から地上に向けて電波を送り返します。この送り返された電波を、各家庭で受信することによって視聴ができるようになっているのです。

地上波放送は地形によって山などが電波を遮ってしまったり、基地局からの距離が遠いと電波の受信が弱くなってしまったりします。しかし、衛星放送はそれらの問題を克服した放送ともいえます。

BSとCSの違い

では、ともに衛星放送であるBS放送とCS放送は、どこが違うのでしょうか。BSもCSも略された呼び方で、正式には「Broadcasting Satellite」と「Communications Satellite」といいます。

それぞれ日本語にするとBSは放送衛星、CSが通信衛星となります。この名からわかるとおり、BSは初めからテレビを放送することを目的とした衛星ということです。一方、CSはもともと通信を目的とした衛星であり、最初はテレビの放送には使われていませんでした。

CSが運用され始めた当初は、使用できるのは企業などに限られ、一般家庭では利用できませんでした。しかし、1989年に放送法が改正されたことにより、一般家庭に向けてテレビ放送ができるようになったのです。

このように、使われている人工衛星が違うBS放送とCS放送ですが、違いはそれだけではありません。

番組について

番組について

BS放送とCS放送では、放送されているチャンネルも違います。BS放送は高画質ハイビジョン番組が中心であることが特徴です。CS放送は、チャンネル数が多く、内容も専門性が高い番組が多くなっています。

料金について

BS放送は基本的に受信設備を整える初期費用のみで、あとは無料となっています。ただ、一部のチャンネルでは有料の契約が必要になるものもあります。

CS放送は有料放送となっており、スカパーとの契約が必要です。なぜスカパーと契約しなければならないのかというと、日本でCS放送をおこなっている会社はスカパーのみだからです。

BSとCSの視聴方法4つ

BS放送とCS放送は次の4つの方法で視聴することができます。

アンテナ設置

アンテナ設置

もっとも一般的な方法はアンテナを設置することです。BS放送対応のアンテナ・CS放送対応のアンテナ・BS放送CS放送どちらにも対応したアンテナが販売されています。アンテナを設置するだけなので、アンテナの購入費と設置費用だけで済みます。

ただ、すぐ近くに高い建物などの障害物があり電波が遮られてしまう場合は、テレビが映らないこともあるようです。また、建物によってはアンテナを設置できる場所がなかったり、外観を損ねてしまったりするのが気になる人もいるでしょう。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビ局から回線をひき、電波を受信する方法です。そのため、有線放送とも呼ばれています。

ケーブルテレビ局によって、視聴できるチャンネルが異なります。また、地域や建物によっては回線がひけないこともあるようです。ケーブルテレビ局と契約することになるので、料金もかかってしまいます。

フレッツ光

電話回線やインターネット回線を提供しているフレッツ光と契約することで、電波を受信できるようにする方法です。

IP放送

テレビとインターネットを直接つないで視聴する方法です。インターネットプロトコルを利用してつなぐことからIP放送といいます。

番組表に左右されずに、好きなときに好きな番組を見ることができるのが特徴です。ネットにつなぐことができれば、テレビだけでなく、スマホやパソコンでも視聴可能です。

BS放送やCS放送を視聴したいけど、どのような方法がよいのか迷っているお客様は、弊社までご相談ください。弊社の電話相談窓口は24時間365日対応可能なので、いつでもご連絡お待ちしております。

まとめ

BS放送とCS放送は人工衛星を使った、衛星放送です。BS放送とCS放送では使われている人工衛星が異なりますし、放送されている番組や視聴料金にも違いがあります。BS放送やCS放送を視聴するには対応するアンテナを設置するほか、ケーブルテレビ・フレッツ光・IP放送との契約で視聴することができるようになります。

視聴方法にはそれぞれメリットもありますが、かかってくる料金も違います。見たい番組と視聴方法をよく検討したうえで、自分に合った方法でBS放送やCS放送を楽しみましょう。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは