屋外コンセント増設工事はDIY不可!設置は業者に依頼が必要

屋外にコンセントを増設したいときは、業者に工事を依頼しましょう。コンセントの増設は、電気配線の接続など普段電気が流れているものに触れる作業があります。このような作業には電気工事士の資格が必要であると法律で定められているのです。

また、用途に応じて設置に適した場所も考えなくてはなりません。屋外コンセントを便利に活用するために、設置場所についてもプロの意見を取り入れるのがよいでしょう。

本記事では、屋外コンセント増設工事を業者に依頼する必要性や増設の方法をご紹介します。費用相場などについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

コンセント増設を業者に依頼する2つの理由

屋外コンセント増設工事を業者に依頼する理由は2つあります。それは、有資格者による工事が必要であることと、設置場所のアドバイスをプロに聞くことです。それぞれなぜ重要であるのかを下記で詳しく解説します。

屋外コンセント増設工事には電気工事士の資格が必要

屋外コンセント増設工事はDIY不可!設置は業者に依頼が必要

屋外コンセント増設工事には、前述のとおり電気工事士の資格がなければいけません。それは、電気配線を扱う作業は無資格でおこなってはならないと法律で決まっているからです。

電気配線は普段電気が流れているものです。作業時は電気が流れないよう遮断しますが、100%安全とは言い切れません。また、プロは感電や漏電といった事故が発生しないようにどのような対処が必要かを把握していますが、素人ではそれがわからない方も多いでしょう。

上記のような事故が起こらないようにするためには、電気や配線についての知識と技術を持ったプロの業者に依頼することが必要なのです。

設置場所によっては便利に使えないことも

屋外コンセントを増設する場合は、そのコンセントをなにに使用するかを決めておくことも重要です。庭で草刈り機を使用したり、駐車場で車の洗浄をしたり、玄関のライトや防犯カメラなどを設置したりするために必要という方もいるでしょう。

使用する場所の近くにコンセントが必要ということはわかります。しかし、壁の中を通っている配線の場所や複数の目的に合わせた適切な設置場所などは、素人では判断が難しいでしょう。そういった場合の的確なアドバイスを聞くためにも、プロに相談することがおすすめです。

ただし、電気工事をおこなう業者は全国に数多く存在します。自分で業者を探すのは大変という方もいるかもしれません。そのような方はぜひ弊社にご相談ください。

弊社は、電話一本でお悩みやご要望などをお聞きして、対応に適した業者をご紹介するというサービスをおこなっています。日本全国からのご相談に対応していますので、お気軽にお電話ください。

2種類の屋外コンセント増設方法

屋外にコンセントを増設する方法は2種類あります。すでに設置されているコンセントを活用する方法と分電盤から新しく専用の配線を引く方法です。

それぞれどのような違いがあるのか、どのような人に向いている方法なのかを解説しますので、依頼時の参考にしてください。

方法1.既存のコンセントを活用する

方法1既存のコンセントを活用する

既存のコンセントを活用する場合は、屋内のコンセントから配線を分岐させて屋外に引っ張ります。基本的に配線は露出した状態になりますが、地面が土であれば埋めて隠しておくことも可能です。

この方法は比較的簡単な工事で済みますが、活用している屋内のコンセントと同じ回路を使用することになるので、消費電力の大きい機器の使用には不向きでしょう。大きな電力に対応することができずブレーカーが落ちるおそれがあるからです。消費電力の小さい機器しか使用しない方や施工費を安くしたい方におすすめの方法です。

方法2.分電盤から新しく配線する

分電盤から新しく配線を引く場合は、壁に穴を開けて配線を出した場所にコンセントを設置します。穴を開けるぶん比較的費用は高くなり、大掛かりな作業になりますが、配線を引く際に新しいブレーカーを取り付ければ消費電力の大きい機器の使用も可能です。

消費電力の大きい機器の使用を考えている方や、屋外で複数の電気機器を使用する予定のある方におすすめします。

壁に穴を開けられないなら延長コードやポータブル電源を活用

壁に穴を開けたくない、コンセントの使用頻度が低いといった場合は、屋内のコンセントから延長コードを引っ張ってきたり、持ち運びできるポータブル電源を使用したりする方法でもよいでしょう。

その際、延長コードは屋外用の防水加工されたものを使用するのがおすすめです。雨上がりや洗車の機械を使用する場合はコードが水に濡れるおそれがあります。感電や漏電などの事故が起こらないように、安全な屋外用延長コードを購入しましょう。

屋内のコンセントから離れた場所で電源が必要な場合は、ポータブル電源を利用するのもよいかもしれません。あらかじめ必要な時間充電しておけば、持ち運んで使うことができます。

ただし、充電を忘れると必要なタイミングで使えなくなってしまうので、屋外での電気機器の使用予定に合わせて充電を忘れないように注意しましょう。

屋外コンセントには防水やいたずら防止の対策を

屋外コンセントの増設は、電源の取り方以外にも考えておきたいことがあります。それは、防水対策といたずら対策です。

屋外のコンセントは雨などの影響を受けるため、防水対策が必要です。露出配線となる既存のコンセントを活用する方法をおこなった場合は、配線が水で傷まないよう防水加工されている配線を使用するなどしましょう。

また、コンセントにもカバーが必要です。防水機能はもちろん、いたずら防止になるものを設置することをおすすめします。屋外コンセントは、設置場所によっては見知らぬ人でも簡単に触れるような状態になるでしょう。子供のいたずらや盗電被害に遭わないよう、鍵のついたカバーを取り付けるなどの対策が大切です。

ご紹介したどちらかの方法で屋外コンセントを増設する場合でも、安全な作業のためには業者依頼が欠かせません。防水対策やいたずら対策も、事前に業者に依頼しておけばまとめて施工してくれるでしょう。

弊社にお問い合わせいただければ、業者探しにご協力いたします。迅速な対応はもちろん、無料相談窓口は24時間受付対応していますので、時間を気にすることなくお話をうかがうことが可能です。屋外コンセント増設工事でお悩みのことがあれば、いつでもお電話をお待ちしております。

屋外コンセント増設工事の費用

屋外コンセントを増設する場合、既存のコンセントを活用する方法は約1万円、分電盤から専用の配線を引く方法は約1万5千円~3万円が相場とされています。

専用の配線を引く方法のほうが少し高額なのは、壁に穴を開けるなどの作業があるからです。また、カバーなどを高性能のものにすると比較的高めの金額になるので、予算を決めて業者と相談しましょう。

なお、上記の価格はどちらも税別です。税金ぶんも含めての詳しい費用が知りたい場合は、見積りを依頼しましょう。

費用を抑えるには相見積り

費用を抑えるには相見積り

ご紹介した価格はあくまでも目安です。詳細は工事内容や業者によって異なります。その場合、少しでも安く工事できたらよいと考える方は多いのではないでしょうか。

費用をできるだけ抑えたいという方は、相見積りをおこなうことをおすすめします。相見積りとは、複数の業者から同じ条件で見積りをとることです。これをおこなうことで、どのような点で大きな費用がかかるのか、業者ごとでどのような点が異なるのかなどを確認することができます。

弊社では、業者をご紹介することはもちろん、「作業を依頼するかどうか決めていないが、見積りだけとりたい」というご相談も受け付けています。さまざまな業者をご紹介できる弊社をぜひご利用ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは