コンセントの修理は資格が必要!故障原因の探し方や費用相場をご紹介

コンセントの修理や交換には、資格が必要です。コンセントの配線に不具合が発生している場合、電気工事法により「電気工事士」の資格をもった人でなければ、修理をしてはいけないという決まりがあるのです。

そこで当記事では、コンセントが壊れる原因から修理にかかる費用、業者についてご紹介いたします。コンセントが壁から外れそうになっていたり劣化が顕著であったりする場合は感電や火災の危険性があるため、早めにコンセントの修理・交換をおこなってください。

見るからに劣化・故障している壁コンセントはすぐ修理しよう

火災の原因は、タバコやガス台などの火の元ばかりではありません。コンセントや電化製品から火がでることもあります。

そのため、コンセントが見るからに古い場合や明らかに故障していることがわかる状態である場合は、早めにコンセントの修理・交換をおこなってください。以下にて、危険なコンセントについてご紹介いたします。自分のコンセントと見比べてみましょう。

壁から外れそう!古いコンセントは危険

壁から外れそう!古いコンセントは危険

コンセントがグラグラして、壁から外れそうになっている状態はとても危険です。新築物件やコンセントを取り付けて日が浅い場合は、金具が緩んでいるだけかもしれません。

しかし、劣化が原因でコンセントがグラついている場合、中の配線も古くなっていることが多いです。そのため、コンセントが壁から外れた拍子に中の配線も切れてしまうことがあります。古いコンセントにはホコリが被っていることが多いため、そこに電気が流れることで感電だけでなく、火災に発展するおそれもあります。

経年劣化が原因で、コンセントカバーが白色から黄色へと変色しているコンセントも、安全を考慮してなるべく使用しないようにしましょう。コンセントの寿命は10年とされています。10年使い続けているコンセントは、修理または点検をおこなってみることがおすすめです。

故障原因を探る方法|まずはプラグや家電を繋ぎかえてみよう

コンセントに繋いでも、電気が流れないといったトラブルが発生することがあります。しかし、これではまだコンセントの故障が原因とは言い切れません。そこで、コンセントプラグや電化製品を何度か繋ぎかえてみましょう。どの電化製品にも電気が通らなかった場合は、コンセントに問題がある可能性が高いです。

電気の使い過ぎ?ブレーカーを確認してみよう

電気の使い過ぎ?ブレーカーを確認してみよう

プラグの繋ぎかえを試し、どの電化製品も使うことができなかった場合はブレーカーの確認もおこなってみましょう。電気を使いすぎるとブレーカーが落ちて、プラグをコンセントに繋いでも電気が通らなくなります。電気の使いすぎただけでブレーカーが落ちている場合は、ブレーカーを上げれば正常に使えるようになるでしょう。

ブレーカーがしっかりと上がっているのにコンセントが使えないときは、コンセントが故障している可能性が高いです。ブレーカーを上げて、もう一度コンセントが使えるか確認してみましょう。

それでもコンセントが使えない場合は、コンセントの故障だけでなく、漏電、配線トラブルなどの問題が発生しているかもしれません。安全を確保するためにも原因が分からないときは、業者に相談することがおすすめです。

弊社では、電気工事の業者を無料でご紹介しています。無料窓口を設置しており、24時間ご相談を受け付けることができますので、ぜひご相談ください。

コンセントの配線修理は資格がないとおこなえない

「電気工事法」という法律があることを見聞きしたことはありますでしょうか。電気工事法では、無資格者による電気工事を規制しており、事故や犯罪を防ぐためにつくられました。

そのためコンセントの修理は、電気工事士でないとおこなえません。しかし、コンセントカバーやコンセントプラグの交換であれば、自分でおこなうことが可能です。コンセントカバーの劣化や黄ばみに悩んでいる人は、交換をおこなうことがおすすめです。

そして、コンセントプラグの汚れが気になる人は、プラグ部分を新しいものに取り換えてみましょう。新しいものに交換することで、また安心して使うことが可能となります。

自分でできるDIYその1:コンセントカバーの交換

自分でできるDIYその1:コンセントカバーの交換

コンセントカバーは、ネット通販や家電量販店、ホームセンターなどにて購入することができます。新しいカバーと、プラスドライバー、マイナスドライバーを用意してください。

ドライバーを使って、コンセントカバー、コンセントプレートを外します。そして新しいものにつけ替え、壁に取り付けて完成です。カバーを交換するときは、取り付ける向きを間違えないように注意しましょう。

自分でできるDIYその2:コンセントプラグの交換

劣化したコンセントプラグを使うと、感電や火災の危険性が高まります。そのためコンセントだけでなく、プラグ側の劣化も確認することが重要です。コンセントプラグが劣化しているときは、プラグの交換をおこなってみましょう。コンセントプラグは「電源プラグ」ともいわれることがあります。

必要となる道具
・コンセントプラグ
・圧着ペンチ(裸圧着端子用圧着工具)
・ドライバー、ペンチ、ニッパー、カッター

プラグの交換手順
1:ドライバーを使って劣化したプラグを外す
2:中にある2つのネジを外し、ネジに巻き付いているコードを取り外す
3:劣化しているコードを切り、電線の被覆を剥いで新しいコードを露出させる
4:コードをネジに巻き付け、ネジをプラグに取り付ける
5:プラグのネジを締め、蓋を取り付ける

コードに傷をつけないように被覆を剥ぐなどの作業は、慣れている人でないと少し難しいかもしれません。ネジにコードを巻き付ける際、丸形の圧着端子を使うと比較的かんたんにネジにコードを取り付けることができます。

しかし、圧着端子を取り付けるときは、専用の圧着ペンチが必要です。そのため工具をそろえるのが難しい人は、交換ではなく買い替えをおこなうことをおすすめします。

コンセント自体の交換は資格がなければできませんので、業者に依頼しましょう。弊社では、コンセントの交換や修理に対応している業者をご紹介しています。ご相談内容に適した最寄りの業者を厳選してご紹介しますので、ぜひ一度ご相談ください。

コンセントの修理・交換にかかる費用を把握しておこう

コンセントの修理費用には、作業費のほかにも出張費、部品の価格、見積り費用などの料金が含まれています。そして、コンセントの修理・交換を依頼したときにかかる費用相場は4千円から7千円程となっており、業者ごとにかなり開きがあります。また、1万円を超えるケースもあるようです。

また業者によっては、交換するコンセントが2つ以上あった場合、2つ目以降の工事費用が1つ目の工事費用よりも少なくなる場合があります。

ただし、2つ目以降も1つ目のときと工事費用がかわらない業者もありますので、工事費用の確認はしっかりおこないましょう。たとえば、以下のような2つの業者があったとします。

業者A:4千円×交換するコンセントの数
業者B:1つめの工事費用は6千円(2つめ以降は2千円)

工事費用をおさえたいとき、交換するコンセントの数が多い人には業者Bがおすすめで、1つだけ交換したい人には業者Aがおすすめということになります。正確な費用は、見積りを取ってもらって確認することが可能です。

信頼できる業者を探そう

信頼できる業者を探そう

危険なコンセントの修理はなるべく早くしたいところですが、依頼する業者はしっかり選ぶようにしましょう。業者によっては、見積りを取ったあとに追加で費用を請求されることがあります。依頼をする前に、そういったことがないかを確認してください。

そして、見積りの内容をしっかりと提示してくれる業者がおすすめです。どんな工事をおこない、どれくらい時間がかかるのかを聞き、納得のいく返答をおこなってくれる業者に依頼するとスムーズに工事を終えることができることでしょう。

しかし、修理業者の数は多いため、選ぶ際にはどこがよいのか困ってしまうかもしれません。そんな人に向けて、弊社では電気工事業者を厳選してご紹介するサービスをおこなっております。お近くの業者をご紹介しておりますので、スピーディーな対応を受けることが可能です。業者選びに困った際にはぜひご活用ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは