インターホン修理を業者に依頼する前に!戸建と賃貸の違いもご紹介!

「インターホンから音が聞こえない……」「インターホンのモニターが映らない……」
「もしかしてインターホンの故障……?」そう思ったときには、インターホンの修理を考える前に電源や電池、コードなどを確認してみましょう。

もし、これらが原因でインターホンが作動していないのであれば、自力で直すことができます。当記事では、インターホンに不具合が生じた場合の4つのチェックポイントを解説しています。

また、インターホン修理をする場合の費用や依頼先についてもご紹介しています。早めにインターホンを直して、正常に作動するようにしておきましょう。

インターホンを修理する前に!4つのチェックポイント

インターホンは「音が鳴らない」「映像が映らない」「通話ができない」といった不具合が出ることがあります。しかしそれらの不具合が、インターホンの故障とは限りません。

インターホンの不調は、ちょっとしたことで症状が改善することがありますので、インターホンの修理を依頼する前に自分でチェックしてみましょう。ここでは、自分でできる簡単なチェックを4つ紹介します。

電源がついているか

電源がついているか

まずは、親機の電源がついているかどうかを確認しましょう。「音が全く鳴らない」「映像が全く出ない」というときは、電源が入っていないケースがあります。親機のコンセントが抜けていないかを確認してみましょう。

電源の入れ方がわからないときは、取扱説明書を見て確認してください。電源を入れて元通り使えるようになるのであれば、故障ではありません。インターホンの修理は必要ないでしょう。

コードが抜けていないか

電源プラグ型のインターホンの場合は、コンセントにコードがきちんとつながっているかどうか確認してみましょう。一般的な家電製品と同じように、インターホンもコードが抜けていたら使用できなくなってしまいます。

電池が切れていないか

最近のインターホンは、配線なしでも設置できるものが増えています。配線なしのインターホンは電池によって作動していますので、定期的に電池交換が必要です。インターホンの電池交換は自分でもできますので、チャレンジしてみましょう。

電池交換をするときには、ドライバーなどの工具で本体を壁から取り外してからおこなうタイプが多いです。電池は、インターホンの本体についているものと壁側についているものがあります。実際に電池交換をするときには、取扱説明書にしたがってください。

音量が下がっていないか

「映像は映るのに音が鳴らない」という場合は、音量を確かめてみましょう。音量調節をして相互に音が聞こえるようになれば、インターホンの故障ではありません。しかし、「相手の声は聞こえるけどこちらの声は届かない」といった場合は経年劣化や寿命が疑われます。

一般的に、インターホンの耐用年数は10年が目安だといわれます。10年以上使用している場合には、コードが劣化して接触不良を起こしているおそれがあります。修理または交換の検討が必要です。

「インターホンを修理したい!」どこに頼めばいいの?

自分でできるインターホンのチェックをしてみたけれど、不具合を解消できないという場合は、修理を電気工事業者に依頼をしましょう。自力でインターホンの修理にトライすることはあまりおすすめできません。

電気工事に詳しい方であれば、自力で修理することは可能でしょう。しかし、配線をともなう工事には電気工事士の資格が必要です。また、不具合の原因がどこにあるのかを探す必要があり、素人が作業すると想定外の時間や労力を必要とすることが多いからです。

インターホン修理の費用相場

インターホン修理の費用相場

インターホンの修理費用相場は約5,000円~1万5,000円です。インターホンの修理費用を安く抑えるポイントは、相見積りをとってみることです。複数の業者に見積りを出してもらい、安く請け負ってもらえる業者を探すのがよいでしょう。

賃貸の方は大家さん・管理会社に相談

賃貸の場合には、勝手に修理をしてはいけません。まずは、管理会社や大家さんへインターホンの不具合について連絡し、どうしたらよいかを相談しましょう。

一般的な賃貸物件ではインターホンは部屋の設備であり、オーナーの持ち物です。居住者が勝手に修理をしてはいけません。基本的に、賃貸物件のオーナーが修理または交換をおこないます。

ただし、インターホンなどの設備を修理したり交換したりすることを許可されている賃貸物件もあります。インターホン修理は、契約内容をよく確認してから業者に依頼しましょう。

弊社におまかせください!

弊社では安心して依頼することができる電気工事業者を多数ご紹介するサービスをおこなっています。業者選びで迷う場合にはお気軽にご利用ください。

また、インターホンを修理か交換か迷う場合は、プロに相談してみるのもよいでしょう。弊社では、お客様のご要望に合わせて業者を紹介いたしております。頼りになる電気工事屋さんをお探しの場合にはお電話にてご相談ください。

インターホンは修理したほうがいい?放置するとトラブルも

「インターホンが壊れてるけど、お金かかりそうだからもう少し放っておこうかな」
「通話にノイズが入るけど、何とか使えるから大丈夫だろう」そのように考える方は少なくないでしょう。

しかし、インターホンの不具合は放置すると思わぬトラブルが生じることもあります。できるだけ早めに、インターホンの修理をしておくことをおすすめします。

インターホンが使えないと来客に気づかないため、宅配便やご近所からの回覧板が受け取れないという不都合が生じるでしょう。また、カメラや通話機能が故障していると訪問者を判断できず、訪問営業や勧誘などを避けることができなくなるおそれもあります。

完全に使えなくなってしまう前に修理しておこう!

完全に使えなくなってしまう前に修理しておこう!

インターホンに次のような不具合がある場合には、業者にインターホン修理を依頼しましょう。不具合を放置すると、完全に使えなくなってしまうからです。

  • 誰もいないのにインターホンが鳴る
  • 雨が降ったあとに、音声にノイズが混じる
  • 声が小さい
  • 音が聞き取りにくい
  • 画像がちらつく

これらの症状は、早めに修理をすることで解消することもあります。完全に使えなくなってしまう前に、プロに見てもらってはいかがでしょうか。

弊社では、インターホン修理に対応できる業者を紹介いたしております。お急ぎのお客様にも対応できるよう、24時間365日電話にて受付をいたしております。お気軽にご利用ください。お電話での相談・業者紹介は無料です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは