電気配線工事のDIYには資格が必要!費用を抑えて依頼するには

屋内の電気配線の工事をするときは、電気工事士の資格が必要になるため業者に依頼しましょう。電気配線の工事には常に感電の危険が伴います。そのため、許可を受けた人しか施工できないよう法律で定められているのです。

このコラムでは電気工事士の資格や業者に依頼するときのポイントについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

屋内の電気配線工事には「電気工事士」の資格が必要!

電気工事士とは、電気工事を安全におこなえることを証明するために必要な資格です。電気は普段私たちの身近にあるものではありますが、使用方法を誤ればとても危険なものになります。工事の際、すこしでも手際を間違えれば、発火したり感電したりして最悪の場合は命を落としてしまうこともあるほどです。

こういったことを防ぐために、日本では電気工事法という法律で電気工事ができる人を限定しています。そのため、電気配線工事をDIYでするためには電気工事士の資格が必要なのです。

罰金や懲役などが課されることも

罰金や懲役などが課されることも

「簡単そうな工事だし自分でササっとやってしまおう」と考えている方は要注意です。電気工事法はれっきとした法律であり、違反すれば罰金や懲役が課されることもあります。「どうせばれないだろう」と思って勝手にやることは、安全面とあわせても非常にリスクが高いので絶対にやめてください。

電気工事はプロにまかせたほうが安心です。電気工事業者をお探しならぜひ弊社におまかせください。お客様の近くで施工が可能な業者をすぐに紹介することができます。お困りの際はぜひご連絡ください。

電気配線工事費用を節約したいとき役立つ2つのポイント

「自分でやれれば費用も抑えられたのに……」と思う方も多いでしょう。たしかに自分で作業したほうが業者に頼むよりは費用がおさえられたかもしれません。しかし、これから解説する2つのポイントを知っておけば、業者に依頼するときにかかる費用を安くできるかもしれません。納得できる金額で施工を依頼するためにも、ぜひ参考にしてください。

ポイント1:余計な工事を依頼しない

ポイント1:余計な工事を依頼しない

1つ目のポイントは、「やってほしいことだけやってもらう」ということです。当然に聞こえるかもしれませんが、電気工事を依頼したときありがちなのが「業者にいわれるがまま、あれもこれもお願いしてしまう」ということです。

たしかに、たくさん工事をしたほうが家のなかは便利になるかもしれませんが、工事が増えれば増えるほど料金はふくらんでいきます。「気づけば料金が倍近くになっていた……」ということも、ないとはいえないかもしれません。

こうしたことを防ぐためにも、あらかじめ目的や優先順位を決めておくことが重要です。「これは頼む、これは頼まない」ということが明確に決まっていれば、余計な出費を抑えられて、安く施工してもらえるでしょう。

ポイント2:繁忙期を避ける

次に重要なのが「業者が忙しい時期を避けて依頼する」ということです。

電気配線の業者にも繁忙期があります。具体的には12~3月頃で、新生活に向けて引越しなどをする人が増えることがその理由といわれています。また、6~8月頃もエアコン設置が増える時期なので、忙しい時期です。

すべての業者がそうといえるわけではないですが、なかにはこうした繁忙期の料金設定を高めにしている業者もいます。そのため、安く施工をおこないたいという場合は、繁忙期を避けたほうがよいのです。

電気配線工事の料金相場

どの業者に頼むか、どこに設置するかなどで金額は変わりますが、基本的な相場は以下の通りです。

  • コンセント増設:約8,000円
  • スイッチ増設:約8,000円
  • シーリング設置:約5,000円
  • ブレーカー工事:約50,000円

とはいえこれはあくまで相場なので、工事を依頼する際は見積りを取ってからにすることをおすすめします。

弊社のサービスでは見積りの受付ももちろん可能です。なかには無料見積りに対応した業者も多数加盟しております。ご相談いただければすぐにお探し・最短10分で業者が対応いたします!

現地調査をしてからのお見積りを検討していただいたあとでもキャンセルは可能ですので、まずはお問い合わせください。

電気配線工事を信頼できる業者に依頼するための3つのポイント

たくさんの業者のなかから、一番自分にあった業者を選ぶことは大変な作業ですよね。この章ではそんな方のために、業者を選ぶとき注目すべきポイントについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

ポイント1:価格に納得できるか?

ポイント1:価格に納得できるか?

まず、金額に納得して依頼できるかということが大切です。たとえば、見積りを取ったときに、高いにしろ安いにしろ相場とかけはなれた金額を提示されたら、安心して依頼できませんよね。また、金額設定が不明確な場合も不安を覚えてしまうでしょう。

価格に納得感を与えるために重要なのが、「なぜその金額なのか」ということを明らかにすることです。見積り書に記載されていることについて、業者に質問してみてください。すべての項目において納得できる回答をしてくれる業者がいたら、その業者を選ぶとよいでしょう。

ポイント2:依頼したときの対応は丁寧か?

基本的なことですが、電話対応などが丁寧かどうかも重要です。これは一概にはいえませんが、丁寧な対応をしてくれる業者のほうが、サービスなども行き届いていることが多いからです。

また、工事内容を細かく説明してくれるか、ということも見るべきポイントの1つです。依頼する人のほとんどは電気工事について詳しくないでしょう。そういった人に対してもわかりやすく説明してくれる業者なら、信頼してまかせることができるはずです。

ポイント3:アフターサービスはあるか?

プロであっても施工時にミスをしてしまうこともないとはいえません。そういったときにそなえて、工事のあとに問題が起こっても、きちんと対応してくれる業者を選んでおいたほうがいざというとき安心です。保証の期間もなるべく長い業者を選んでおいたほうがよいでしょう。

迷ったときは弊社にご連絡ください

「3つのポイントを備えた業者に今すぐ施工をしたい」をお考えの方は、ぜひ弊社にご連絡ください。弊社はお客様のお近くですぐに施工が可能な業者とのマッチングサービスをおこなっております。電気工事に関するどんなお困りごとでも構いません。まずは無料の現地調査からご利用ください。お電話お待ちしております。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは