換気扇の交換は費用を把握してお得に!交換の目安やDIYまでご紹介

「急に換気扇に不具合が起きてしまった……」というとき、まず考えるのが換気扇の交換ですが、状況によっては必要がない場合もあります。なぜなら、換気扇の異音や換気の量が少し悪いといった不具合は、ちょっとの工夫次第で交換せずとも改善が可能だからです。

ここでは、適切な換気扇の掃除方法や交換すべきかの見極め方法をご紹介します。また、もし交換が必要になったときの換気扇の交換費用相場についても解説しているため、交換を検討している方もこの記事を確認してみましょう。

換気扇に不具合が生じる原因と対処法

換気扇になにかしらの不具合が起きている場合は、換気扇の交換費用の検討よりも先にプロペラやファンの掃除や配線の確認など、できる限りのことをしておきましょう。具体的には、以下4つの要因に当てはまっていないか確認する必要がありますよ。

  • プロペラやファンに汚れがたまっていないか
  • 配線に接続不良や断線などのトラブルがないか
  • スイッチなどの部品に破損個所はないか
  • 現在使っている換気扇は購入後何年使用しているか

プロペラやファンが汚れている

プロペラやファンが汚れている

異音がする・換気扇の動きが悪いといった換気扇の不具合は、もしかしたらプロペラやファンが汚れているからかもしれません。そのため、換気扇のプロペラやファンに汚れがあれば一度きれいに掃除してみるようにしましょう。

とくにキッチンなどの換気扇は、湿気や油煙で汚れやすくなっています。油の汚れを落としたいときは、油を分解する性質のある重曹を使って、丁寧に掃除をすることが効果的です。うまく掃除することで不具合が改善できれば、換気扇の交換費用を浮かせることも可能ですよ。

配線に不具合がある

プロペラやファンの汚れ以外にも、配線の接続不良や断線などによって、換気扇に不具合が起きていることも考えられます。換気扇の配線がコンセントから抜けかかっていないか、配線に一部ちぎれている部分がないか中を確認しておきましょう。

また配線に不具合が見つかった場合は、換気扇の配線修理や換気扇の交換費用など業者に相談するほうがよいでしょう。コンセントの抜け程度なら自分で直せるかもしれませんが、断線や配線の故障の場合は感電のおそれがあるため、プロにお任せしたほうが安心です。

部品が破損している

換気扇の部品が故障することで、不具合が起きていることもあります。配線の確認をすると同時に、電源スイッチなどの部品が壊れていないか確認しておくことも大切です。自分で直せそうな部品の故障であれば、ホームセンターやネット通販サイトで部品を購入して交換すれば、換気扇の交換費用を節約することが可能な場合があります。

ただし、換気扇の部品は種類によって規格が違う場合がありますので、購入するまえによく確認してみてください。また部品の交換方法がわからない場合は無理に自分で交換しようとせず、業者に依頼するなどの対応をとったほうが安心です。

換気扇の交換時期

一般的な換気扇の寿命は10年~15年程度だといわれており、できれば換気扇の購入から10年前後あたりに新しいものへ交換することをおすすめします。なぜかといいますと、10年近く経つと換気扇のなかにあるフィルターやモーターなどのパーツの劣化が進み、不具合が起きやすくなるからです。

そのため自分の家にある換気扇がかなり古い場合は、不具合を直すことをあきらめて業者に換気扇の交換費用や作業時間などの見積りをとりつつ、交換を依頼するほうがよいでしょう。

弊社では換気扇の交換費用や、換気扇工事をおこなっている業者についての相談をすることが可能です。またその他身の回りのことでお困りのことがあれば、お電話にてうけたまわりますので、ぜひ弊社にご相談ください。

換気扇交換の費用相場は設置場所によって異なる

換気扇の掃除や配線を確認してみて、もし不具合の改善が無理そうであれば業者に依頼して換気扇の交換工事をしてもらうのがベストです。ただし、換気扇の交換費用相場は「換気扇の場所」や「換気扇の性能」によって異なるため注意しておきましょう。

また、ここでは相場は換気扇の交換費用のみをご紹介しているため、参考程度に確認してみてください。依頼する業者によっては施工費や出張費などが別途かかる場合があります。

キッチンの換気扇(レンジフード)交換費用

キッチンの換気扇(レンジフード)交換費用
  • プロペラファン:約1万~2万円
  • シロッコファン(乾燥機能のみ):約1万5千円~6万円
  • シロッコファン(多機能タイプ):約1万円~1万8千円

キッチンの換気扇の交換費用は上記のものとなっており、古いタイプであるプロペラファンであれば高くても2万円程度で済むことが多いです。ただ性能が高いシロッコファンの場合は数万~十数万かかる場合もあります。

トイレの換気扇交換費用

  • プロペラファン等(換気機能のみ):約5千円~2万円
  • 多機能タイプの換気扇:約1万5千円~10万円

トイレの換気扇の場合も、性能の高さによって換気扇の交換費用が大きく異なることがあります。よくある換気機能のみのプロペラファンなどであれば、高くて2万円程度で済みますが、センサーやタイマーなど、便利な機能が付いているタイプの換気扇は交換費用が高くなることもあります。

浴室の換気扇交換費用

  • プロペラファン等(換気機能のみ):約5千円~1万5千円
  • 浴室乾燥機:約2万円~5万円

浴室の換気扇交換費用も、機能性の高さによって相場が異なる場合があります。とくに近年普及している暖房や冷風ができる「浴室乾燥機」の場合、数万円の費用相場になるため、業者に換気扇の交換を依頼するときは注意しておきましょう。

換気扇の交換費用を抑える方法

業者に依頼するときの換気扇の交換費用をできるだけ抑えたい場合は、以下の方法を試してみるとよいでしょう。方法はいくつかあるので、自分に合ったものを検討してみてください。

  • プロペラファンなど、価格が安い換気扇へ交換してもらう
  • 不具合のある部分だけを修理・交換してもらう
  • 複数の業者に見積りをして安い業者を選ぶ
  • 必要のないオプション料金はカットする

複数の業者に見積りを取るときは、見積り料金比較サイトを利用するのもひとつの手です。また弊社ではお客様の状況と希望に合った業者をご紹介していますので、相見積もり先の1社としてぜひ加えてみてください。

要チェック!設置場所によっては取り付けたい種類が対応できない場合も……

もし換気扇を業者に交換してもらう際、ついでに換気扇の種類を変えたい場合は、新しい種類の換気扇をつけることができるか現地調査もしてもらうとよいでしょう。なぜなら、換気扇を取り付ける位置や家の構造によっては、新しい換気扇に対応していない場合があるからです。

たとえば、換気扇の先が屋外でないと取り付けられないものや、梁がある場合取り付け自体が難しいものもあるためです。もし新しい種類の換気扇に交換したい場合は、ぜひ弊社へご相談ください。換気扇の交換費用や現地調査など、お困りのことがあれば丁寧にサポートいたします。

DIYで換気扇の交換をおこなうには条件がある

「DIYで工事をすれば換気扇の交換費用を節約できるのでは?」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。結論からいいますと、たしかに換気扇の交換を個人でおこなうことは不可能ではありませんが、以下の条件が厳しくあまりおすすめできないのです。

  • 換気扇の交換には電気工事士の資格が必須
  • 換気扇本体が安く手に入りにくい

電気工事士の資格が必要

1.事前準備

コンセントに挿すだけで動くタイプの換気扇であればDIYで換気扇の交換をすることも可能ではありますが、電気配線の接続が必要な交換をおこなう場合、第二種電気工事士の資格が必要となります。電気工事士の資格が必要なほど換気扇の交換には専門知識が必要なのです。

また、第二種電気工事士の資格をもたない方は無理に換気扇を交換しようとしてはいけません。専門的な知識がないまま配線工事をおこなうと、漏電によって感電する危険性があり、さらに火災など大きな被害が起きてしまう場合もあるからです。

そのため、第二種電気工事士の資格をもった知り合いに交換をお願いしてみるか、換気扇の交換費用はかかりますが業者に依頼をするのが最善の選択だといえます。

換気扇本体を手に入れにくい

換気扇本体が安く手に入りにくいというのも、換気扇の交換をDIYでおこなうことをおすすめできない理由のひとつです。換気扇本体はホームセンターやネット通販サイトで購入できる場合があります。

ただし種類によりますが、換気扇本体を市販で購入するとなると高くつきやすいため注意が必要です。業者の場合はメーカーからの大量購入などで安価で仕入れていることが多いです。そのため自分で換気扇を購入しても、結局業者に依頼するときの換気扇本体代金と比べてあまりお得にならないということもありえます。

また、自分で交換をする手間や時間を考えても業者に依頼するほうが、結局換気扇の交換費用が安く済む場合もあるため、安全で確実に換気扇の交換をしたいならDIYをするのはあきらめたほうがよいでしょう。

弊社なら希望に合わせた業者を紹介します。

換気扇に急な不具合が起きてしまった場合は、すぐに業者に相談する前にまず換気扇の汚れや配線・部品トラブルが無いか確認しておくことが大切です。掃除や接続の見直しにより換気扇の不具合が改善されれば基本的に換気扇の交換は必要ありません。

ただし換気扇の配線が断線・故障してしまっている、10年近く使っているなどの状況であれば、なるべく早めに業者に依頼して換気扇の交換をしてもらうことをおすすめします。また今回ご紹介した換気扇の交換費用相場はあくまで目安のため、具体的な費用が知りたい場合はぜひ弊社にご相談ください。

また「前の換気扇より性能がいいものに変えたい」「メンテナンスフリーの換気扇にしたい」などご要望があれば弊社がお電話にて対応し、全国の電気工事加盟店のなかからお客様のご希望に沿った業者をご紹介いたします。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

メールで無料相談

※次のサービスは対応不可となっております:家電修理、部品購入、ケーブルテレビアンテナの修理・交換

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!電気工事お助け隊とは